テーブルカメラやバブルシャワー

■テーブルの飾り付け
 
披露宴でのテーブルは2時間座っててもらう場なので雰囲気は大切です。特に、最初のテーブルセッティングは新郎新婦の思いや感謝の気持ちが伝わるように工夫するといっそうその披露宴が成功すると思います。席札・メニュー表(&進行表)・箸袋メッセージ・ナフキンホルダーなども手作りしてみましょう。テーブルクロスの色は会場全体の雰囲気が変わるのでテーブルクロスの色にもこだわってみてはどうでしょうか。

メニュー表は、進行表と曲紹介といっしょのタイプがお勧めです。進行表があるとゲストもトイレに行くタイミング等がわかります。また、曲にもこだわるならなぜこの曲を選んだのかという紹介もいれましょう。

またメニューにこだわった人もそのメニューの説明を書いておくのもいいですね。一言「お箸でどうぞ」という言葉を入れておくと親切ですね。箸袋には1人1人に違うメッセージを書いておくのもよいでしょう。ゲスト同士もみんな違うのでびっくりするでしょう。ナフキンホルダーは、ただ花モールを巻いただけの簡単なものでもOK。プランナーの方が当日準備しやすいように、全てテーブルごとにまとめて納品しましょう。 また、当日、晴れの日は明るいのでよいですが、もしも雨の日の場合に備えて、1テーブルにつき3つのキャンドルを用意しておくのがお勧めです。乾杯まではカーテンを閉めておくと、キャンドルの炎が目立ってすごく幻想的ですよ。



■テーブルカメラ
 
プロの写真屋さんに当日のスナップ写真を頼むのもいいですが、おもしろいショットを望むならばテーブルにインスタントカメラを何台かずつ置いておくのもいいですね。ゲスト同士でとったり、新郎新婦の後姿や席札とかのテーブル小物まで取ってくれたりなどおもしろい写真が撮れます。ゲストのインスタントカメラとごっちゃにならないようにリボンや花をつけるなどの区別がつくような工夫をしておくといいですね。ご自由にお撮りくださいなどのメッセージを添えておくのもよいでしょう。



■サンキューカード
 
サンキューカードとは、「今日はきてくれてありがとう」という気持ちを伝えるカードです。待合室に置いたり、トイレに置いたり、二次会のテーブルに置いたりなどいろいろな場所に作って置いておきましょう。

■バブルシャワー

フラワーシャワー、ライスシャワーに代わって今大人気なのがバブルシャワー。ウェディング用のバブルシャワーは洋服や食品についても大丈夫なものなので安心です。ゲスト参加型の演出NO.1でしょう。写真うつりも抜群ですし、何より新郎新婦とゲストが接近できるのがとても楽しいですよ。ハトや教会、ケーキ、シャンパンなどいろんな形があるので、自分達のイメージに合ったものを選んで。



■乾杯
 
乾杯にも一工夫。友人でカクテルが作れる人はいませんか?当日の新郎新婦の乾杯のカクテルを作ってもらってはどうでしょう。すっごく印象深い乾杯になりますよ。

■スピーチリレー
 
友人代表挨拶って誰にしようかって迷いますよね。できれば、みんなからメッセージがほしいー、いろんなエピソードを紹介してほしいって思う人も多いと思います。そこでおすすめなのが、「友人代表スピーチリレー」。新郎の中学校からの友人→新郎の大学時代の友人→新郎の職場の友人→新婦の中学校からの友人→新婦の大学時代の友人→新婦の職場の友人など、バトンでつないで一言ずつメッセージをもらっていくとおもしろいと思います。ゲストのみんなも「学生時代どんな人だったんだろう」ってわくわくして聞いてくれると思いますよ。また、スピーチするゲストも短くてすむし、その時代の印象深いエピソードを1,2個話せばよいので気楽ですね。バトンを手作りすると、式後の思い出の品にもなりますし、ゲストの写真うつりもよいですよ。